叶匠寿庵の寿長生の郷

ゆうゆう

皆さんこんにちは、管理人のゆうです。
このページでは叶匠寿庵の寿長生の郷について紹介しています。

厄除けで有名な立木観音から車で5分

瀬田川のほとり

 びわ湖から唯一流れ出ている川、瀬田川のほとり。
厄除けで有名な「立木観音」から車で走ること約5分・・・。

叶匠寿庵 寿長生の郷

 今日は滋賀県大津市の「叶匠寿庵 寿長生の郷」へやってきました。

嫁

寿長生って何て読むんですか?

ゆうゆう

「すない」やね。

嫁

ご長寿的な・・?

ゆうゆう

いえ、井戸の桶を引っ張る縄(ロープ)のことやで。
ここを訪れる人に、活力を汲み上げて欲しい・・という意味やね。

嫁

なるほど~。
駐車場にもお迎えの人がいて、案内してくれるんですね~!

ゆうゆう

何回行っても、どの従業員さんも笑顔で挨拶してくれて、感じがいい人ばっかりやね。

紅梅の林

 駐車場からすぐの場所には紅梅の林があり、2月から3月には美しく咲く梅の花が見られます。

桜苑

 春には桜も咲いて・・・。

桜

嫁

綺麗ですね~!

寿長生の郷

 美しい自然で出迎えてくれる寿長生の郷です。

お迎え処の古民家

お出迎え処

長男長男

パパ、あそこにソフトクリームって書いてるでっ!

ゆうゆう

あそこは古民家を利用したお出迎えの場所やね。

古民家

 昭和40年頃まで実際に暮らしていたという、約140年前の古民家。

休憩所

 今はこのように、寿長生の郷を訪れた人のお出迎えの場所として利用されています。

あも

 叶匠壽庵の代表銘菓「あも」とお茶を頂きます。

嫁

これって無料で提供されてるんですか?

ゆうゆう

そやね、この郷を訪れた人へのおもてなしということかな。
本当に素晴らしいホスピタリティやね。

ソフトクリームの看板

次男次男

パパ、ソフトクリーム食べたいっ!

ゆうゆう

梅のソフトクリームやけど大丈夫?

次男次男

大丈夫、大丈夫!

城州白梅のソフトクリーム

 寿長生の郷の代名詞でもある千本の城州白梅から作れている自家製のソフトクリーム。

ゆうゆう

うまっ!
全然酸っぱくなくて、めちゃ爽やかやね。

叶匠壽庵の梅酒

 自家埋蔵でじっくり寝かせた梅酒「梅の蔵」も販売されています。
お酒好きとしては、もちろん買って帰ります。

梅の蔵

ゆうゆう

どれどれ・・いただきまーす!

嫁

どうですか?

ゆうゆう

甘っ!
梅の香りと甘みが凄いで。

嫁

どれどれ・・甘っ!シロップみたいですね。
甘い梅酒が好きな人にピッタリですね。

広い敷地

嫁

めちゃめちゃ広い敷地ですね。

ゆうゆう

本社工場や催事のホール、お菓子売り場、食事ができるお店、梅林などがあって、まさに郷やね。
広大な敷地は63,000坪もあって、東京ドーム4つ分以上やで。

嫁

すいません、東京ドーム行ったことないんで、よく分かりません。

ゆうゆう

・・・。

長屋門

長屋門

嫁

花、雲、水・・?
凄く素敵な暖簾ですね~!

ゆうゆう

創業者の詩が書かれた暖簾やね。
この長屋門をくぐると三徳苑やで。

三徳苑

嫁

ここ(三徳苑)には何があるんですか?

ゆうゆう

生菓子とお抹茶が頂けるお茶席やお菓子売り場、季節の催事や展示をしているホールがあります。

庭

嫁

綺麗な庭で、いい感じですね~!
早速お菓子売り場に行ってみましょう。

叶匠寿庵のお菓子が揃う売り場

お菓子売り場

 三徳苑にあるお菓子売り場では、ここだけの限定商品や季節の商品も含めて、多数のお菓子が揃っています。

嫁

季節の生菓子とお抹茶が頂ける、お茶席(1,000円)の受け付けもこちらでできますよ。

看板商品の「あも」

あも

 叶匠寿庵の看板商品「あも」です。高級で「幻の小豆」ともいわれている、丹波ひかみ産の春日大納言小豆と、柔らかく透明感のある求肥の棹菓子(さおがし)です。

嫁

求肥(ぎゅうひ)ってなんですか?

ゆうゆう

お餅やね。
もち米の粉に水と砂糖を足して、火にかけて練るんやで。
羽二重餅や吉備団子、雪見だいふくも求肥を使ったお菓子やね。

嫁

時間が経ってもやわらかいお餅なんですね~!

あも

ゆうゆう

圧倒的な小豆のボリュームやね。

嫁

中の求肥もめちゃめちゃ柔らかくて美味しいですね。

あも

 春には桜の「あも」も販売されています。

ひな祭りの米菓子

 この日は2月のため、ひな祭りの米菓子などもありました。

大石最中

大石最中

 こちらは人気商品の1つ、大石最中。

大石最中

 香ばしい最中種は近江米を使っていて、大納言小豆の粒餡とぴったりです。

花遊山

花遊山

 こちらは桜の香りがする花遊山。餅米から作られた道明寺粉に、上品な甘さの餡が入っています。

嫁

これ、めちゃめちゃ美味しいですね。

ゆうゆう

噛まなくても、ゼリーのように口の中で溶けるね。
ほのかな甘さの餡と、桜の香り、道明寺粉が一体となって、素晴らしい一品やね。

管理人イチオシの「あかい」

あかい

嫁

ゆうさんの大好物の「あかい」ですね。

ゆうゆう

近江羽二重粉を使った求肥餅と「黒蜜きなこ」「抹茶」「黒ごま」の3種類が入って640円で、感動する美味しさです。

嫁

どうして「あかい」っていう名前なんですか?

ゆうゆう

三井寺に行った時に、天智天皇、天武天皇、持統天皇の三人のお産湯に使ったという水が湧いている井戸があったやん?

三井寺の閼伽井屋

嫁

あのポコポコ水が湧いていた井戸ですね!

ゆうゆう

あの井戸は閼伽井屋(あかいや)っていって、そこから「あかい」っていうお菓子の名前にしてるんやね。
叶匠寿庵の創業も三井寺の近くやったんやで。

あかい抹茶

あかい抹茶

 管理人が一番好きな「あかい抹茶」

ゆうゆう

よくある抹茶風のお菓子じゃなく、本気の抹茶です。
一口食べた時に、抹茶の素晴らしい香りに驚くと思います。

嫁

お餅と凄く合ってますよね。

ゆうゆう

お餅は近江羽二重粉を使っていて、本当に素材の良さが分かる透明感です。
その中にも深い味わい・・・。
初めて食べた時、この組み合わせの美味しさに感動しました。

あかい黒蜜きなこ

あかい黒蜜きなこ

 続いては沖縄県産の黒砂糖をつかった黒蜜と、香りが良い黒須きなこの「あかい黒蜜きなこ」

ゆうゆう

これも驚きの美味しさです。
黒蜜に詳しいわけでもないんですが、少し黒蜜を食べただけでも素材の良さを感じます。

嫁

きなこも香りが良くて、美味しいですよね~。

ゆうゆう

求肥餅と黒蜜、きな粉、そのどれもが素晴らしい素材で、それを最大限に引き出した美味しさは、ぜひ一度は食べてみて欲しい一品です。

あかい黒ごま

あかい黒ごま

 最後は香ばしい風味の黒ごま。

ゆうゆう

香ばしいゴマの風味の中にも、求肥餅の味わいが消えることなく調和しています。

嫁

三月初旬から4月中旬の期間は、あかいの黒ごまは取扱い期間外になります。

感動するほど美味しい梅ゼリー「標野」

梅ゼリー標野

 寿長生の郷で収穫される城州白梅の梅エキスで作られた代表銘菓「標野」

梅ゼリー標野

 封を開けた瞬間に広がる梅の香り・・・。
初めて食べた時、こんなに美味しい梅ゼリーがあるんだと、本当に感動しました。

ゆうゆう

最高に上品な甘さの中に、ほんの少し酸っぱさを感じる絶妙なアクセントで、弾力のある食感も素晴らしいです。
本当にこれは一度は食べてほしいです。

お菓子売り場

 他にも定番商品や、季節限定の商品が数多くありますので、ぜひお気に入りの一品をみつけてくださいね。

栗まんじゅう

通路

 お菓子売り場から通路を進んで行くと・・。

季節の催事や展示があるホール

ホール

 こちらは催事や展示があるホール。

小豆や本葛、寒天などの素材

 和菓子作りに使われる小豆や本葛、寒天などの素材も販売されています。

丹波の黒豆茶

 こちらは丹波の黒豆茶。

寿長生の郷

 三徳苑を出て、再び郷の中を歩きます。

案内の看板

 梅林、囲炉裏茶房の方へ・・・。

炭焼き小屋

 道中の炭焼き小屋

嫁

炭焼き小屋?

ゆうゆう

郷の山から切り出した、ナラや椿などから炭を作って、お茶席や囲炉裏の炭として利用されてるで。

嫁

素材にこだわってますね~!

千本の城州白梅

千本の城州白梅

 広大な敷地に、圧倒的なスケールの梅林が見えてきました。

嫁

めちゃめちゃ凄いじゃないですか。
何の梅なんですかね?

ゆうゆう

寿長生の郷の象徴、千本の城州白梅やね。

嫁

城州白梅って?

ゆうゆう

京都の城陽市、青谷地区だけで作られてる、大粒で柔らかい肉厚の梅やで。
叶匠寿庵の創業者、芝田清次さんがお菓子に合う梅を求めて、全国を歩いて出会ったんやって。

嫁

やっぱり素材へのこだわり、ハンパじゃないですね。

ゆうゆう

この城州白梅を自社で作りたい・・ということで、寿長生の郷を開いたとあって、まさに郷のシンボルやね。

千本の城州白梅

 2月下旬から3月には千本の梅の花が美しく咲き、6月下旬から7月上旬には果実が収穫されます。

千本の城州白梅

 こちらは3月の「梅まつり」の際に訪れた様子。

千本の城州白梅

 千本の梅の花が美しく咲く光景は圧巻で、この季節は特に多くの人が訪れます。

3月の梅まつり

紅梅

 3月に寿長生の郷で開催される「梅まつり」では、見事な紅梅も見られますよ。

お買い物券

 梅まつりでは駐車料金が1,000円必要ですが、1,000円分のお買い物券がもらえるので実質は無料です。

出店

 お買い物券は食事や商品の買物の他に、(期間中に特別に設けられている)出店でも使うことができます。

野菜5種盛り

 こちらは山芋、白ネギ、サツマイモ、レンコン、椎茸の焼き野菜5種盛り。

嫁

山芋も椎茸も、凄く美味しかったです

ゆうゆう

叶匠壽庵の美味しい野菜は「草津店のビュッフェ編」でも紹介しています。
素材の美味しさを凄く感じられる、大満足のランチビュッフェですよ。

焼いたイワナ

 こちらはイワナ。

オリーブオイルや梅塩

 オリーブオイルや梅塩などをかけて頂きます。

焼き芋

 こちらは次男くんの大好きな焼き芋。

次男次男

美味し~い!

ゆうゆう

本当に素晴らしい素材を使ってるね。

甘味と伊吹そばが食べられる囲炉裏茶房

囲炉裏茶房

 こちらは予約なしで、甘味や伊吹そばが食べられる「囲炉裏茶房」

ゆうゆう

囲炉裏茶房の隣にある「山寿亭」は懐石やお弁当などの食事ができますが、要予約です。

メニュー表

 あんみつや葛餅、焼き餅、ぜんざい、本わらび餅など、季節の甘味が味わえます。

嫁

同じ敷地にある本社工場から、素材を運んでるんですか?

ゆうゆう

そやね、工場で炊き立ての小豆や餅、葛を使ったメニューやから、絶対美味しいね。

伊吹そば

伊吹そば

嫁

甘味だけじゃなくて、お蕎麦もあるんですね。

ゆうゆう

滋賀県の伊吹そばやね。
伊吹山の麓は昼と夜の気温の差が大きくて、蕎麦発祥の地とも言われるほど、蕎麦栽培が盛んやで。

嫁

ちょうどお昼ですし、お蕎麦食べて行きましょうか!

鴨つけ汁蕎麦

囲炉裏を囲んだテーブル

 ということで、お昼の食事で店内へ。
囲炉裏を囲んだテーブルと、机のテーブルが5卓ほどで、20名くらいが食事できるスペースになっています。

ゆうゆう

私が注文した写真の商品は「鴨つけ汁蕎麦(温)」で、単品で1,300円、白ご飯と生卵が付いた雑炊セットは1,600円です。

伊吹そば

 香りとのどごしが良い伊吹そばに、シャキシャキ食感の水菜。

鴨鍋

 お蕎麦をつける鴨鍋には、鴨肉と白菜、白ネギやしめじが入っています。

伊吹そばと水菜

嫁

伊吹そばと水菜を、この鴨鍋につけて頂くわけですね!
どれどれ・・・頂きまーす!

ゆうゆう

どうですか?

嫁

鴨肉がジューシーなのに、サッパリしてて美味しいですね~!
鴨のダシが染み込んだ、濃いめのツユにお蕎麦がよく合ってます。

ゆうゆう

ほんまや、これは美味しいね。
水菜もさっと鍋につければ、シャキシャキやね!

鴨鍋雑炊

 お蕎麦のあとは鴨鍋に白ご飯と卵を入れて雑炊にします。

嫁

これは・・・断然雑炊セットがオススメですね!
鴨鍋のつゆはもちろんですけど、卵も美味しいですよね?

ゆうゆう

そうそう、卵美味しいよね。
これ、絶対良い卵やね。
本当に、お菓子も料理も素材へのこだわりが素晴らしいね。

嫁

いや~、身近にこんな素敵なところがあるなんて・・。
滋賀県に住んでて良かった~!!

ゆうゆう

「叶匠寿庵 寿長生の郷」編は以上になります。
最後までありがとうございました。