醒ヶ井宿

ゆうゆう

皆さんこんにちは、管理人のゆうです。
このページでは米原市の醒ヶ井宿、三島池、グリーンパーク山東について紹介しています。

名水の里、醒ヶ井へ

醒ヶ井宿

 ということで、今日は家族5人で滋賀県米原市の醒ヶ井へやってきました。
無料の観光用の駐車場があるのも嬉しいところ・・。

醒ヶ井宿の無料駐車場

嫁

なんだか懐かしい感じ・・。
凄く素敵なところですね!

旧中仙道

次男次男

川やで!

地蔵川のほとり

 通りのすぐ横を流れている小川が、梅花藻が見られる「地蔵川」です。
古事記や日本書紀にも登場して、日本武尊(やまとたけるのみこと)が熱病を癒やしたという伝説もあり、不老長寿の水といわれています。

地蔵川

次男次男

すごっ!
めちゃめちゃ綺麗やで!

地蔵川の梅花藻

 水の中で揺れている緑色の植物が「梅花藻」で、初夏から晩夏にかけて花が咲きます。

嫁

本当に驚くほど澄み切ってますね。

ゆうゆう

この地蔵川を流れる水は湧き水で、「居醒の清水」として2008年に「平成の名水百選」の1位に選ばれてるんやで。

嫁

日本1位ですか・・納得の透明感ですね~!
この地蔵川はどこへ流れてるんですか?

ゆうゆう

ホタルで有名な「天野川」に合流して、最終的にはびわ湖に流れてるで。

梅花藻の花

 6月初旬のこの日は、ご覧のように見事に梅花藻の花が咲いていました。

梅花藻の花

 黄色の軸に真っ白のコントラストが綺麗で、小さな可愛らしい花です。

嫁

ピンク色の花も咲くんですか!?

ゆうゆう

これは近くのサルスベリの花が落ちて、流れてたものやね。

ハリヨ

次男次男

ん?

地蔵川で泳ぐハリヨ

次男次男

魚や!
水が透明やから、めちゃめちゃハッキリ見えるね。

ゆうゆう

あれは「ハリヨ」っていう貴重な魚やね(滋賀県の指定希少野生動植物種に指定)
梅花藻にいる水生昆虫を餌にしたり、梅花藻に巣を作るんやで。

ハリヨ保護区の看板

次男次男

ホンマや、ハリヨ保護区って書いてるね。

ゆうゆう

そやね、地蔵川はハリヨにとって無くてはならない川で、1.2kmの河川全域がハリヨの保護区になってるで。

地蔵川のほとりに咲く花

 地蔵川のそばには、地元の人が手入れされている花が綺麗に咲いています。

デイジー

 梅花藻の花と同じく、黄色の軸に白い花のデイジー(雛菊)

花

 地元の人たちの、この地域を大切にする気持ちが凄く伝わってきます。

絶品のしょうゆソフトクリーム

ソフトクリームの看板

長男長男

あそこのお醤油屋さんに、ソフトクリームの看板があるで!

ゆうゆう

水の綺麗なところといえば・・酒屋さんや、お醤油屋さんやね。

醤油屋喜代治商店

 こちらは創業100年以上のお醤油屋さん、醤油屋喜代治商店です。

嫁

しょうゆソフトクリーム・・・。
どんな味か、食べてみましょう!

しょうゆソフトクリーム

嫁

ソフトクリームにお醤油・・。
頂きまーす!

ゆうゆう

どうですか?

嫁

これは・・驚きのお美味しさです!
醤油を甘くしてあって、カラメルみたいな感じですね。

ゆうゆう

どれどれ・・・。
ホンマや、香ばしさもあって、お世辞抜きで絶品やね。

しょうゆソフトクリーム

 カップで食べやすく、下に入っているシリアルがソフトクリームとの相性抜群です。

醤油屋喜代治商店

 お店の軒先で、ゆっくり座って味わう次男君。

ヤマキ醤油

 店内では甘酒や様々な種類のお醤油が並んでいて・・。

ぴよ丸

 卵かけご飯用のお醤油(ぴよ丸)もあります。
日本一に選ばれた名水で作られたお醤油、これはもう間違いなく買い・・ということで、刺身醤油と濃口醤油を買って帰りました。

お持ち帰りできる醤油プリン

醤油プリン

 甘味として、醤油ソフトクリームの他に醤油プリンもあり、家で頂きました。

ゆうゆう

醤油プリン、香ばしくて甘すぎず、男の人でも食べられる美味しさです。

旧中山道の醒ヶ井宿

梅花藻の花

 梅花藻の花がひときわ多く咲いているこの場所・・。

江戸時代の問屋

嫁

この建物は?

ゆうゆう

これは江戸時代に使われた問屋場やね。

嫁

問屋場?
卸売的な?

ゆうゆう

その問屋じゃなくて、大名や役人さんに馬や人足(作業員)を提供していた事務所やね。
醒井宿は京都と江戸を結ぶ、旧中仙道の61番目の宿場町やったんやで。

嫁

中山道を行き交う人達の疲れを癒やしてたんですね~。

問屋の中

嫁

子どもたちが興味津々ですね。

ゆうゆう

17世紀後半の問屋場が今でも残ってるのは、全国的にも珍しいんやって。

居醒の清水

 少し歩くと加茂神社が見えてきます。
「居醒の清水」と呼ばれる湧き水が湧いていて、地蔵川の起点となっています。

加茂神社

 加茂神社の参道を上がっていく長男君と次男君。

加茂神社から見た醒ヶ井宿

 本当に素敵なところです。

春には桜も

醒ヶ井宿の桜

 春には地蔵川に沿って咲く桜も必見です。

醒ヶ井宿

嫁

醒ヶ井は初めて来ましたが、懐かしい風景に澄みきった水、綺麗な梅花藻の花、どれも本当に感動しました。
滋賀県にこんな素敵なところがあったなんて・・。

長男長男

ソフトクリームも美味しかったし!

次男次男

魚も見れたし!

ゆうゆう

何かをして遊ぶわけではないんですが、子どもたちも凄く気に入って楽しんでいました。

三島池へ

三島池

 続いてやってきたのは、醒ヶ井宿から車で約10分の場所にある「三島池」です。

嫁

正面に伊吹山が見えて、めちゃめちゃ綺麗なところですね!

ゆうゆう

三島池はマガモの自然繁殖の場になっていて、日本の「ため池百選」にも選ばれてるで。

三島池と伊吹山

 あまりの綺麗さに見入る長男君。

三島池と伊吹山

次男次男

あの橋のあたりに人が集まってるで!

三島池

 緑が綺麗で、池の周りを歩いているだけでも癒やされます。

伊吹山

 すぐ近くに見える伊吹山は、滋賀県で一番高い標高1,377m!
日本百名山の1つです。

鯉に餌をあげる様子

 鯉に餌を上げる次男君。

マガモ

 2羽のカモが次男君のところへ近寄ってきます。

三島池のマガモ

 と思いきや方向転換・・。

マガモ

 去ってしまいました・・。

伊吹山

 おにぎりを食べて軽食をとります。

嫁

この風景を見ながらの食事は最高です。

グリーンパーク山東へ

グリーンパーク山東

 続いては、三島池から車で2分の場所にある「グリーンパーク山東」の「天狗の丘」へやってきました。

ゆうゆう

グリーンパーク山東は、キャンプやバーベキュー、テニスコートや旅館、日帰り入力の露天風呂もあります。

天狗の丘

 小さな子向けの無料の遊具がたくさんある天狗の丘。

天狗の丘

 遊具のある丘に上がってみると・・。

伊吹山と田んぼ

 めちゃめちゃ自然の中にあるのが分かります。

遊具

 歩くとユラユラ揺れる吊橋や・・。

遊具

 長い滑り台など、小さな子には夢中になれる遊具が盛りだくさん!
しばらく子どもたちは夢中になって遊んでいました。

遊具

ゆうゆう

いっぱい遊んだし、そろそろ行こか。

次男次男

え~!
まだ遊びたい・・。

遊具

ゆうゆう

あの、そろそろ・・。

次男次男

まだまだ!

遊具

ゆうゆう

・・・。
近くに100mの滑り台があるで。

次男次男

100mの滑り台!?
行く行く~!

全長100mのロング滑り台、ドラゴンスライダー!

グリーンパーク山東のドラゴンスライダー

 ということで最後にやってきた「ドラゴンスライダー」の入口。
同じくグリーンパーク山東にある無料の設備です。

滑り台

 滑り台に沿って山道を登って行きます。

ドラゴンスライダー

ゆうゆう

末っ子君を抱っこしての山道はキツイ・・。

ドラゴンスライダー

 2分くらい山道を登るとアスレチックと、ドラゴンスライダーの頂上です。

ドラゴンスライダーを滑る様子

長男長男

先に行ってるで~!

ドラゴンスライダーを滑る様子

 スピードが出て楽しそうな長男君。

ドラゴンスライダーを滑る様子

 上から滑ってくる次男君。

ドラゴンスライダーを滑る様子

嫁

キャッホー!

ゆうゆう

・・・。

ドラゴンスライダーを滑る様子

 声をあげて楽しそうに滑る末っ子君。

末っ子末っ子

もか~い!(もう1回)

嫁

頂上まで登るのはしんどいし・・・そやっ!

滑り台

 滑り台のゴール付近から滑らせて、ごまかそうとする嫁。

ゆうゆう

・・・。

長男長男

もう1回行ってくるで~!

次男次男

待って~!

グリーンパーク山東

 結局3、4回滑って満足して疲れたのか、帰りの車ですぐに寝てしまった子どもたちでした。

嫁

今日の醒ヶ井宿⇒三島池⇒グリーンパーク山東のコースは、景色も綺麗で子どもたちも本当に楽しんでましたね。

ゆうゆう

皆に喜んでもらえて何より!
最後までありがとうございました。